未分類

夜のスキンケアの注意点

安眠前のスキンケアをただどうしても行っているという方も多いのではないでしょうか。そこで、今さら聞けない夜のスキンケア秘訣をおさらいしていきましょう。

夜のスキンケアの秘訣

夜のスキンケアの基本は、

クレンジング→洗顔→(専用ケア)→化粧水→美容液→乳液→クリーム

という順番でケアを行います。以下では、それぞれのケアのポイントについて評行う。

クレンジング…マッサージするようにメイクと馴染ませ、落とします。落ちにくいアイメイクはポイント用のクレンジングを使いましょう。
洗顔…クレンジングの後は、洗顔料を使ってW洗顔を。メイクの汚れを落とした直後ですので、負荷の力強い洗顔料は遠のけ、それほど泡立ててから洗い流しましょう。そこそこ低負荷なアミノ酸間柄やグルコシド系の位酸性の洗顔料の支出が嬉しいです。
専用ケア…マッサージやパッケージなどの専用ケアは、洗顔後に行います。(ただし、支出周期や回数、文章に具体的な秘訣が書かれてある場合はそれにしたがって下さい。)
化粧水…汚れを落とした清潔な肌にうるおいを与えます。乾燥が気になるときはコットンを使った化粧水パッケージなどで、がっちり水分を補完ください。
美容液…保湿成分はもちろん、シワや不潔、ビューティー白など肌気掛かりに当てはまる美貌成分が配合されているものを使用しましょう。
乳液・クリーム…与えた水分をじっと入れるために、乳液やクリームを塗ります。乳液は油分と水分のともを「与える」ことが考えなのに対して、クリームは外からの刺激から肌を「保護する」ことが考えです。そのため、乳液の後にクリームでふたをするのが素晴らしいです。

また、寝ている間に日消息筋の失望を回復し、肌の生まれ変わりをサポートする夜専用のナイトクリームでケアするのもバックアップです。

午前と夜のスキンケアとの食い違いやポイント

午前のスキンケアは、UVや乾燥、ホコリといった日中に浴びる外的刺激から肌を続けることを意識したケアがホームです。一方、夜のスキンケアでは、日中に受けた失望から肌をいたわり、再生を促すケアが中心となります。

そのため、夜のスキンケアでは、肌の苦しみと罹る染みをじっくり落として、養分やうるおいを思いっ切り達することが大切です。また、肌を回復させるゴールデンタイムを使いこなすためには睡眠も重要なポイントです。良質な睡眠を出来るように、睡眠前には銭湯時刻や光線、アロマの匂いなどを活用して、昼の高ぶった心を休めましょう。

洗顔やメイク落としの体制は?

クレンジングや洗顔は、銭湯時刻を活用しましょう。ボディが温まると毛穴が変わり易く、汗と一緒に染みや皮脂も放出されやすくなるため、毛穴の深層の染みまで思い切り取り除けます。

また、洗う流れも肝要です。クレンジング後は、シャンプー→ボディ→洗顔の順に行いましょう。洗顔やトリートメントは肌に上気味ですので、毛髪ケアは最初に済ませてしまいましょう。DUO・ザ・クレンジングバームの正しい使い方